挑戦しない人は出世しない 1/3(小崎智富さん)


天草出身の先輩方にランチをご馳走になりながら
成功の秘訣を聞くコーナー
『先輩!ゴチになります!!』
第2回目はこの方にお話をお伺いしました。
interview-200802-kozaki

データリンクス株式会社 代表取締役 小崎智富さん

聞き手 天草元気プロジェクト 松村・鎗光・佐伯
取材日 2008/2/6
取材場所 日本料理 木曽路 上落合店(中野区落合)

小崎さんは有明町出身で中学卒業後に上京。
2007年にデータリンクス株式会社はジャスダック市場に上場。
現在の状況なども踏まえていろいろお聞きしました。

挑戦しない人は出世しない 1/3(小崎智富さん)
挑戦しない人は出世しない 2/3(小崎智富さん)
挑戦しない人は出世しない 3/3(小崎智富さん)

子供の頃は本当に勉強嫌いでねぇ。

佐伯、松村、鎗光 今日はよろしくお願いします。

佐伯 凄いですね、この料理!

小崎 いいだろう。だからいつもは女性を連れてくるよ(笑)

一同 ハハハハ(笑)

佐伯 今日は男ですみません(笑)

松村 高校まで天草にいらしたんですか?

小崎 中学までだよ。子供の頃は勉強嫌いでね、中学出て就職決めたんだけど 周りの人が高校くらい出なきゃ駄目だよって言ってきたんだ。 今の時代はそうかもしれないけど僕らの時は1クラスに 5~6人位しか高校には行けなくて後の皆は就職してたからね。 たまたま知り合いの人に、小倉のお寺で学生を集めて朝 から勉強している所があって、そこに入ると龍谷大学にそのまま入れるって聞 いたから、しょうがないけど行くかって決めて小倉に行ったんだ。 でもやっぱり勉強嫌いだったから高校出て電電公社に入った。

松村 あっ、大学は行かれなかったんですか?

小崎 行かなかったよ。他の人は大学行ったけどね。大阪の電電 公社に入って当時はPCSって電気計算機いうのソフトウエアをやってた。当時 はカードで料金計算をやってたからね、PCSってパンチカードシステムだよ。

松佐鎗 PCの意味が違う!!!

小? 2年間下積みをして、熊本に転勤願いを出したんだ。そし たら、いいよって言われて喜んでたら、やっぱり東京だって言われたんだよね。

松村 え~ぬか喜びですか?

小? そう、当時転勤したいんだったら試験を受けろと言われて、受け た試験がプログラマーの認定試験だったんだよ。それでしょうがなく東京に来 たら人生がくるってきたんだよね(笑)

一同 ハハハハ(笑)

松村 まだその当時は独身ですよね?

小崎 もちろん。21歳、東京オリンピックの時に東京に来て月 日が経った27歳の時先輩から「これからコンピュータの時代だから一緒に会 社やんないか?」って言われてさ。 ただいきなり作ったら失敗するから2年間他の会社に分散 してまた集まろうって。それで僕は富士通の関係会社に入って他の人もNEC の関連会社や研究所とかに入ってね。

佐伯 何人位で作ったんですか?

小崎 5~6人辞めたんだけど3人しか集まらなかった。

松村 会社立ち上げたのは2年後ですか?

小崎 S45年に電電公社辞めて2年間修行したからS47年、 僕が29歳の時だね。作ったって言っても何もしていない。一緒に参加しただけだよ。

松村 そこがどこまで本当なのか(笑)

一同 ハハハハ(笑)

小崎 本当に何もしてないよ。

松村 その会社はスムーズだったんですか?

小崎 オイルショックとか色々あったけど順調だったよ。一度も 赤字を出すことなく常に黒字だったからね。

佐伯 凄いな~それ凄い事ですよね。